2020年02月20日

小峰公園 梅やセリバオウレンが花の盛り?

200218-1.jpg
今月初め、例年より早目に梅の開花が進んでいた小峰公園の桜尾根では、一昨日の18日に見た所ではさらに開花が進んできて、ほぼ花の盛りになってきているようです。まだ花の少ない木もあるので、これからさらに華やかな景色になってくれそうです。

200218-3.jpg 200218-2.jpg
カタクリ群生地のセリバオウレンも同じく花が増えて、花弁がほんのりと赤みを帯びた開き始めの花の様子も見ることができました。

里山の公園で早春の花の開花が進む秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭は今週2連休を頂きましたが、今日からお店を開けて、好評の甘酒チーズケーキなどをご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 13:22| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

春の様な暖かさだった檜原 浅間嶺

7C526E29-326F-47D5-BB15-246029EE2DF1.jpeg
2月とは思えない春の様な暖かさの昨日、檜原の浅間嶺に登ってみました。頂上から見る富士山は真っ白ですが、お昼頃の山頂に降り注ぐ日差しは暖かで、ふた月後くらいの春のような雰囲気になっていました。

DFD86782-7BFE-4017-B00C-3DBF3DFA5E01.jpeg
少し冬らしいものは所々融け残っていた10センチ超の霜柱と、

D6631592-B232-4618-9AE6-94B08C21CF95.jpeg
少し前に降った雪が所々にわずかに残っていた程度でしょうか。

4947EDA0-CA83-420E-B4E1-C666873C0686.jpeg
登りの途中に見た三頭山から大岳山のパノラマ。

87261318-0D8F-4B47-9DD1-5952741BD897.jpeg
今は冬枯れの山頂一帯の林はいつ来ても好ましい雰囲気です。

BC58E2AA-AE6F-4CD3-BDA7-A8304948A31B.jpeg
麓の時坂集落では春の様な陽射しにフクジュソウの開花が進んでいます。

今週後半はさらに暖かくなりますが、暖冬でいつもの冬とは違う山の雰囲気が楽しめる秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭は昨日の水曜日を休み、今日からまた季節のお薦めケーキなどご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 18:50| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

2月初めに梅の花も少し開花

200202-1.jpg
週半ばの春の陽気からこの週末は霜柱ができる程度に若干冷えた秋川渓谷ですが、五日市周辺では少しだけ開花した梅の花を見ることができました。この時期にこの程度の開花は季節なりというよりは、やはり暖冬のお陰で少し早めな感じもします。

200202-2.jpg
朝方に出来た霜柱も暖かな陽射しで融け始めて日中は過ごしやすい陽気になってくれそうです。梅の花も咲き始めた秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭も季節のお薦めデザート、そろそろ終了間近の柚子ソースのチーズケーキやカボチャケーキなどご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 11:49| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

早くも咲きはじた散歩道傍のフクジュソウ

CD0FDC46-54A5-4E03-B823-CDECB989C0A0.jpeg
八王子から五日市に続く秋川街道の裏手、自転車でのんびり走る散歩道の傍で、花を開き始めたフクジュソウを見かけました。暖冬の影響でしょうか、随分早くに咲き始めたように思います。

200101-2.jpg
さて、先週末はカボチャのケーキを作らなかった所、カボチャケーキ無いんですか?と言うお客様が何人もいらしたので、休み明けの昨日の朝早速作りまして、今朝は柚子ソースのチーズケーキも作ってみました。冬なのに生憎の雨や雲りの日が続くようですが、皆様のご来店をお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 17:00| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

先週末の雪が残る刈寄山

200121-1.jpg
山猫亭がお休みの今日、先週末、土曜日に降った雪が少し残る刈寄山に登ってみました。

200121-2.jpg
今月初めに登ってみた今熊山から尾根伝いにさらに西へと登った所にある刈寄山は、北東に五日市の街を間近に見下ろし、その先に西多摩地区や埼玉方面の展望が広がります。もっと見通しが効けば、北関東の山々もよく見えると思います。都心方面の東方向は樹林でちょっと見え難くなっています。

200121-3.jpg
現在、刈寄山の北面、五日市の戸倉から刈寄沢経由で登るルートは沢沿いの道が昨年の台風19号の影響で若干崩落して通行止めとなっており、八王子の上川町、今熊神社から登るのが現状では一番手頃なルートになります。

200121-4.jpg
刈寄山手前、山頂と入山峠分岐の間にある小ピークから横浜方面と東京湾、房総半島の稜線が見えましたが、冬としてはちょっとクリアーさが足りないでしょうか。

200121-7.jpg
山頂北面を少し探索してサラシナショウマの枯れ花を見つけました。

200121-8.jpg
これは山頂北面に少し残るコナラの冬枯れの林。

昨年末にお伝えした戸倉城山もそうですが、昨年秋の台風でルートが通行止めもありながら、好展望の冬山歩きが楽しい秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

今週の山猫亭も今日、火曜日のみの休みで、明日の水曜日から店を開けて皆様のお越しをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 19:55| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

1月半ば 春の様な展望の金毘羅山

200114-1.jpg
山猫亭がお休みの14日 火曜日のお昼前に登ってみた金毘羅山について、当日の山頂からFBでアップしたものを改めてブログにちょっと詳しくアップします。
午前中は暖かな陽射しが降りそそいで1月らしからぬ陽気に、登りはシャツ一枚になってたどり着いた山頂の展望台からの景色も、遠くは靄っとして春霞の様な感じになっていましたが、

200114-2.jpg
山頂周辺の道沿いでは花盛りのサザンカから散った花弁が地面に広がっているのはこの季節なりの景色になっています。

200114-4.jpg
昨春に芽吹いたばかりのカエデの幼木が今頃ようやく紅葉したのが、色味の少ない山頂付近の地面で目立っていましたが、これは秋から冬にかけての暖かさのためでしょうか。

200114-5.jpg
樹林の中ではセンリョウが紅い実を沢山付けているのもこの季節なりの姿でしょうか。

暖冬のこの冬、冬枯れの里山で例年とはちょっと違う景色も見られる秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭は今週も柚子ソースのチーズケーキなど、好評の冬のお薦めデザートなどご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 18:28| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

冬の様な春の様な今熊山

22DE45FE-47BE-4875-831D-EBC6EFFCD21C.jpeg
山猫亭は年末年始の営業後、今週は火曜・水曜と連休した間にちょこっと登ってきた今熊山の冬の様な春の様な姿を、改めて詳しく普段より長めにお伝えします。よくこのブログでも写真をアップする秋川橋からの景色で中央のやや左手に、見かけの上では一番高く見えるのが今熊山です。

190107-1.jpg
この山は小峰トンネルを抜けた八王子上川町で山の東麓にある今熊神社から比較的手軽に登ることができます。社殿奥に見えるピークのさらに右手奥の方に今熊神社奥社の建つ今熊山があると思います。

190107-2.jpg
さて冬枯れの山を石段の多い道で上り始めてすぐに、普通は3月頃から咲くはずのタチツボスミレの花を見かけ、昨年から時折春の様な陽気もある暖冬の影響と思いますが、冬の様な春の様な不思議な景色になっています。

190107-3.jpg
麓から見える「見かけのピーク」辺りまで登ると、北側に五日市の街が手に取るように見えます。

190107-5.jpg
さらに少し登って、今熊山と奥の刈寄山の分岐から少し刈寄山の方に入った南斜面の道端では、落葉の中に埋もれて咲く冬らしいカンアオイの花がありました。

190107-6.jpg 190107-7.jpg
分岐まで戻ってひと登りの今熊山には立派な奥社が建ち、手前の広場からは都心方面の展望もありますが、この日はどんより曇って遠くも靄っとしてよく見えません。しかし陽射しが無いのにあまり寒く感じられず、靄っとした展望も冬らしくない所でしょうか。

190107-4.jpg 190107-9.jpg
山頂から奥社の脇を抜けて北へ急な坂道を下ると、こちらでもカンアオイがいく株も点在する場所があり、冬枯れの雑木林から木間越しに五日市方面を見ながらさらに下っていきます。

190107-10.jpg
上川町へと下る水平な道に出て少し東に歩き、そこからさらに北麓の金剛の滝へ向かう急坂を下ります。以前より階段が整備されて若干歩きやすくなったかもしれません。

190107-11.jpg 190107-12.jpg
さて、7月末にイワタバコの花を見に来て以来の金剛の滝とその周辺は、秋の台風の影響ですっかり砂利に埋もれており、滝つぼも小さな水たまり程度になっていました。こちらでは昨年7月上旬、砂利で埋もれる前の様子が見られます。
春のネコノメソウや初夏のイワタバコの花がどうなってしまったか心配されますが、また折々様子を見てみたいと思います。

この後は小峰公園と沢渡橋を結ぶ市境の尾根道に上がり、畳平の変電所経由で帰途につき、冬枯れのカンアイオイの花が咲く冬らしい景色の中に春の様なスミレも見られた今熊山の散歩を締めくくりました。
その後、今週後半も春の陽気の日があり、今年は1月なのに冬の様な春の様な里山歩きが楽しめる秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

今週の山猫亭は昨日の木曜日からお店を開けて、成人の日連休にかけて、お薦めの柚子ソースのチーズケーキやカボチャケーキなどをご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。

posted by やまねこ@店主 at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

12月半ばの金毘羅山でもまだ秋の名残が

191216-1.jpg
今日17日火曜日は雨のち曇りで冬の寒さでしたが、よく晴れて暖かだった昨日の金毘羅山は12月半ばになったのにまだ秋の名残をあちこち見ることができました。上は展望台からの景色ですが、冬らしい展望をちょっとだけ期待したものの午前中から気温が高めで遠くの都心方面はもやっとしていました。昨年末の金毘羅山から見ることができた、冬らしいクリアなパノラマはこんな感じ、2014年に見た初日の出はこんな風になります。

191216-2.jpg
金毘羅山一帯でもまだコナラなどの紅葉・黄葉がたっぷり残っていましたが、カエデ系の木はもう落葉するか枝に残ったまま萎れていて秋の嵐の影響があったのかもしれません。

191216-3.jpg 191216-4.jpg
麓寄りでは例年もう花を見ることは無いアキノキリンソウが咲き残り、中腹の陽だまりではリュウノウギクがいつもより多く花を開いていました。

191216-6.jpg
葉の一部が黒くなるオトコヨウゾメの紅葉もまだ鮮やかです。

191216-5.jpg
展望台の周りで咲く植栽のサザンカやツバキの花は季節なりの景色ですが、今年の師走はこのように秋から冬への季節の移り変わりが遅れ気味な景色を楽しむのがよろしそうです。

明日もまだ季節らしかなぬ暖かな日になるそうで、今年は何時になく晩秋の景色が長く楽しめる秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭も好評の冬のお薦めデザート、柚子ソースのチーズケーキ、カボチャケーキ、アップルパイなどご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 19:14| 東京 ☔| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

まだ晩秋の色濃く残る週末

F65376F3-AAFC-4DBB-AE58-A47A743B24B4.jpeg
昨日の冬の寒さから秋の穏やかな陽気に戻った今日、青空の下、秋川渓谷の里山は雑木林にまだ紅葉を残し、植林の緑と雑木林のオレンジのパッチワークの景色になっています。

025DA349-6026-4A57-B966-58E535F80410.jpeg F90BACF2-BDBF-42D9-8FE8-1B0239124B33.jpeg
コナラの林は地面に落葉を積もらせながら、枝先では黄葉が陽射しで黄金色に輝いていました。

暖かな陽気の週末、まだ里山に晩秋の色濃く残る秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭も季節のお薦め、柚子ソースのチーズケーキやアップルパイなどご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 11:08| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

青空にまだまだ鮮やかな紅葉

3B1A2554-2DA9-4D68-9375-34793F34E2D9.jpeg
肌寒い昨日から明けて今日は青空が広がり暖かな陽射しが嬉しい日曜日、五日市南東の高尾公園ではまだまだ鮮やかな紅葉が陽射しを受けて輝いていました。

58124E07-B424-4615-89E4-AC9A4279F792.jpeg
コナラの紅葉も色づきが進んできました。

今日は先日お伝えした網代弁天山など里山の紅葉が美しい秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭も季節のお薦めデザートなどご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。

posted by やまねこ@店主 at 12:16| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

12月に入って紅葉が色づいてきた網代弁天山

191203-11.jpg
昨日は奥寄りの名残の紅葉をお伝えしましたが、五日市の東にある網代弁天山一帯では雑木林のコナラやカエデがようやく色づいてきて、気温の低くなる今週末にかけて紅葉の盛りになってくれそうです。
弁天山の上り口の鳥居の周りでは、手前の低い所にミツバツツジの紅葉が、緑の植林の右手にはまあまあオレンジ色に色づいてきたコナラの紅葉が見えます。

191203-19.jpg 191203-14.jpg
このすぐ奥の真っすぐな坂道ではカエデが色づきかけでまだ緑の葉が多く残っています。ここの紅葉の盛りにはこんな景色となりますが、今週末には鮮やかな紅色が見られることを期待します。

191203-18.jpg
山頂手前で見上げたコナラも樹冠の方は色づきかけていますが、その下はまだ緑色のままです。

191203-15.jpg
山頂直下から見る網代城山の雑木林もまだ色づきが浅めでしょうか。手間のコナラはまずまずの紅葉ですが…

191203-17.jpg
弁天山頂は東から北東が開けて、良く晴れた空の下低山ながら素晴らしい展望が楽しめます。

191203-16.jpg
昨日の朝は都心方面もはっきりと見通すことができました。

五日市から東の里山ではまだこれから紅葉が楽しめる秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭もお薦めのカボチャケーキ、もうそろそろ終了の甘酒チーズケーキなどご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 17:22| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

神戸岩や龍珠院など、五日市の奥の名残の紅葉

191203-1.jpg
12月に入って五日市より奥では紅葉の盛りを過ぎてきたようですが、まだ所々に残る名残の鮮やかな色合いを見てきました。上は先週紅葉が盛りになってきた神戸岩の今日12/3の様子ですが、このメインとなる景色では正面の谷間のカエデが散ったり色褪せてたりしていますが…

191203-2.jpg
神戸岩寄りから下流に向かって陽射しを透かして見ると、少し色褪せつつもまだ鮮やかに見えたり、谷間にはまだ色づきかけのカエデがあったり、

191203-3.jpg
神戸岩のすぐ麓でもまだ色づきかけのカエデがあり、緑の葉が多いカエデの木もありと、部分的には今週も名残の紅葉が見られそうです。

191203-4.jpg
こちらは下流の神戸大橋付近の渓谷の紅葉の様子。こちらもまだ紅葉の渓谷らしい姿をまだ留めていました。

191203-5.jpg
下って檜原小中学校下から奥の馬頭刈尾根を見るとつづら岩など稜線一帯はすっかり落葉して冬枯れの様子ですが、中腹から麓にかけての広葉樹はコナラなどがまだ紅葉の色合いに見え、特に左手の麓近くの林は今が盛りの色合いの様です。

191203-6.jpg
五日市 乙津地区まで下って青木平橋下流側で色づくカエデの紅葉。下流側にはまだほんの色づきかけの木もあるようで、これから赤くなってくれるでしょうか。

191203-7.jpg
そして先週は紅葉が盛りとなり多くの人が訪れた龍珠院でも落葉が進み始めたようですが、裏山の雑木林ではようやく紅葉が進んできているようです。

191203-9.jpg 191203-8.jpg
お寺の駐車場や境内の西側ではまだ紅葉の鮮やかな色が残り、地面にもまだ色味を残したカエデの落ち葉が広がっていました。

12月に入って五日市の奥では紅葉も盛りを過ぎて山の上では冬枯れの様子も見えますが、まだまだ場所によっては名残の鮮やかな色合いが見られる秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭もまた明日から店を開けて皆様のお立ち寄りをお待ちしております。

posted by やまねこ@店主 at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸岩や龍珠院など、五日市の奥の名残の紅葉

191203-1.jpg
12月に入って五日市より奥では紅葉の盛りを過ぎてきたようですが、まだ所々に残る名残の鮮やかな色合いを見てきました。上は先週紅葉が盛りになってきた神戸岩の今日12/3の様子ですが、このメインとなる景色では正面の谷間のカエデが散ったり色褪せてたりしていますが…

191203-2.jpg
神戸岩寄りから下流に向かって陽射しを透かして見ると、少し色褪せつつもまだ鮮やかに見えたり、谷間にはまだ色づきかけのカエデがあったり、

191203-3.jpg
神戸岩のすぐ麓でもまだ色づきかけのカエデがあり、緑の葉が多いカエデの木もありと、部分的には今週も名残の紅葉が見られそうです。

191203-4.jpg
こちらは下流の神戸大橋付近の渓谷の紅葉の様子。こちらもまだ紅葉の渓谷らしい姿をまだ留めていました。

191203-5.jpg
下って檜原小中学校下から奥の馬頭刈尾根を見るとつづら岩など稜線一帯はすっかり落葉して冬枯れの様子ですが、中腹から麓にかけての広葉樹はコナラなどがまだ紅葉の色合いに見え、特に左手の麓近くの林は今が盛りの色合いの様です。

191203-6.jpg
五日市 乙津地区まで下って青木平橋下流側で色づくカエデの紅葉。下流側にはまだほんの色づきかけの木もあるようで、これから赤くなってくれるでしょうか。

191203-7.jpg
そして先週は紅葉が盛りとなり多くの人が訪れた龍珠院でも落葉が進み始めたようですが、裏山の雑木林ではようやく紅葉が進んできているようです。

191203-9.jpg 191203-8.jpg
お寺の駐車場や境内の西側ではまだ紅葉の鮮やかな色が残り、地面にもまだ色味を残したカエデの落ち葉が広がっていました。

12月に入って五日市の奥では紅葉も盛りを過ぎて山の上では冬枯れの様子も見えますが、まだまだ場所によっては名残の鮮やかな色合いが見られる秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭もまた明日から店を開けて皆様のお立ち寄りをお待ちしております。

posted by やまねこ@店主 at 22:29| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

秋川渓谷の紅葉も終盤へ

68A87955-DC17-4C4A-A99F-00D7C7209FD1.jpeg
11月も残りわずかとなった今日は久しぶりによく晴れて、だいぶ冷えてきたお陰で奥に見える里山の雑木林の紅葉が進んできました。これから12月上旬にかけて、もしかすると月半ば位まで、横沢入や網代弁天山など、里山のコナラやカエデの葉が色づく秋川渓谷の紅葉の終盤の景色が楽しめると思います。

9868FCB9-F615-4042-BC22-D6955C116DD7.jpeg
五日市駅のすぐ近くでもカエデの鮮やかな紅葉が目立ってきました。この画像はまだ色づき浅めですが‥‥

この週末、お寺や里山の紅葉が美しい秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭も美味しい紅茶や季節のお薦めデザートなどご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 13:24| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

盆堀の渓流や里山の紅葉

80421C8B-9184-4F6F-BC87-5D38F96BF919.jpeg
広徳寺や龍珠院が紅葉の盛りとなってきた今週、五日市の少し奥、盆堀地区でも渓流沿いの所々で、まだ色づき途中ながら鮮やかな紅葉を見ることができました。

98C4A75F-4866-473C-969E-2690AA5787F7.jpeg
一枚の葉の中で赤と黄色の移ろいが楽しめるものもありました。

61A03FD8-27D8-4681-9E94-ADE3D866AC6A.jpeg
雑木林のコナラなどはまだほんの紅葉し始めで、

76462C8B-378C-42A1-A627-1E315D13DC26.jpeg FC2E1DB3-C77B-4304-8CF6-C4CD5C02CBFF.jpeg
その根元ではまだリンドウの花が咲き、早くもフユイチゴが真っ赤な実をつけていました。当初、勘違いでツルリンドウとアップしたのを訂正しましたが、何リンドウでしょうか?

なお、盆堀林道は中程です工事のため通行止めになっていましたのでご注意下さい。

少し山間の渓流や里山でも様々な紅葉画像見られる秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭も美味しい紅茶や季節のデザートなどご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 20:13| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

秋川沿いで色づきが進む紅葉と黄葉

191112-1.jpg
昨日は肌寒い曇りのち雨の日でしたが今日は陽射しが溢れる暖かな一日となり、秋川沿いでは岸に生えるケヤキが紅や黄色に色づいて秋らしい華やかな景色になってきました。こちらは佳月橋から上流を見た景色ですが、奥に見える戸倉城山は部分的に残る雑木林がこれから晩秋にかけて紅葉してくると思います。

191112-2.jpg
さらに上流、西秋川橋から下流側を見ると渓谷をケヤキの紅葉と黄葉が覆い、日の光を受けて華やかな色の競演を見ることができました。

川沿いでケヤキの色づきが進み華やかな紅葉と黄葉の景色も見られる秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

今週の山猫亭も火曜日のみの休みで皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 22:58| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

サラシナショウマが咲き始めた小峰公園

191015-1.jpg
台風19号通過後もすっきりしないお天気が続くこの頃ですが、桜尾根で桜の葉が少しずつ色づいて落葉している小峰公園では、

191015-2.jpg 191015-6.jpg
尾根西側の谷津田の奥でサラシナショウマの花が咲き始めていました。10月初めにこの花の咲き始めを見た浅間嶺では花盛りの姿を見られなかったので、これから開花が進む様子をご近所で見てみたいと思います。

191015-7.jpg 191015-8.jpg
桜尾根ではノハラアザミを初め何種類かアザミの花がありましたが、画像の、花の付け根の総苞が太くトゲが反り返っているのがトネアザミ、総苞が細いのはアズマヤマアザミでしょうか。

下にノハラアザミに吸蜜に来たホシホウジャクの動画も追加でアップしました。スズメガ科ホウジャク亜科の蛾の一種で、このように空中でホバリングしながら蜜を吸う姿がこの時期よく見られます。


191015-4.jpg
アキノキリンソウもあちこちで咲き、

191015-5.jpg
秋後半に咲く印象のコウヤボウキも咲き始めました。

191015-3.jpg
桜尾根西側斜面ではヤマでもヤマジでもないホトトギスが花を沢山開いて賑やかな咲き姿になっていました。



激しい嵐を凌いだ秋の花々が里山に咲く秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。まだ災害復旧の途上の場所もありますが、檜原方面の通行も再開されましたので、営業している施設などご利用いただければ幸いです。

山猫亭もこの週末、カボチャケーキや檜原産小麦の全粒粉スコーンなどをご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 15:11| 東京 ☔| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

盆堀の渓谷から峠にかけて咲く秋の花々

191008-1.jpg
戸倉の山々を源にして渓流が穏やかに流れる盆堀川の渓谷でも

191008-2.jpg
10月上旬のこの時期、様々な秋の花を見ることができました。渓谷中程で最近木か切られた伐採地では日当たりが良くなったのと適度な下草刈りのためか、このアキノキリンソウを初めとして

191008-3.jpg 191008-4.jpg
セキヤノアキチョウジもわさわさと枝を伸ばして沢山の花を咲かせ、トネアザミやノコンギクなどなど多くの花を見ることができました。
伐採前はこれ程、野草の花が賑やかでは無かったように思われ、ここの前後の植林で日当たりの良くない谷間も花が少なめなので、やはり環境の変化のお陰でしょうか。

191008-7.jpg
さらに谷の奥に分け入ると、若干開けた少し陽射しの入りそうな場所で花が落ちかけたカメバノヒキオコシや、画像はありませんがノコンギク、ツリフネソウ、イヌタデなども咲いて賑やかな場所があります。

191008-11.jpg
谷間を離れて峠近くまで登ると久々にアキギリの花を見ることができました。キバナの方はあちこちで見るのですが、この濃い紫の花の方は私の行動範囲ではここでしか見られません。
が、どうも日本在来のアキギリとは雰囲気がだいぶ異なるようで、同じアキギリ属で外来のサルビアの類が林道沿いで入り込んで咲いているようです。

191008-8.jpg 191008-9.jpg
ヤマハッカと咲き始めのナギナタコウジュの花も見ることができ、今年も秋のこの界隈ではシソ科の花がよく目につきました。ノコンギク、シロヨメナ、シラヤマギクなど野菊も沢山咲いていますが…、これらは日本在来のお花と思われます。

191008-10.jpg
まだ秋も始まったばかりの峠付近の雑木林ですが、一部の木で葉が少し黄色味を帯びてきています。

週末の連休はまたやってくる台風の影響が避けられないようですが、天候や交通状況に気をつけつつ、山間で秋の花々が咲き木の葉も色づき始めた秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭もまた今日水曜日からお店を開けて、季節のお薦めデザートなどご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 18:20| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

色鮮やかな赤とんぼが飛び交う横沢入

191007-1.jpg
10月上旬ながらまだ蒸し暑い日もあって秋らしさの乏しいこの頃、再生された谷津田も実りの秋を迎えた横沢入では、大方の田んぼで稲刈りが済んでハザガケが成されて秋らしい景色になっていました。

191007-3.jpg
バッタやイナゴ、様々な虫たちと共に色鮮やかな赤とんぼ、アキアカネも飛び交っていて、丁度湿地を区切る柵のロープに止まっていた一匹がその美しい色合いを間近で披露してくれました。

191007-4.jpg 191007-2.jpg
柵の中の湿地ではツリフネソウが群れ咲いて壮観となり、ミゾソバの仲間で葉の細長いアキノウナギツカミが柵沿いで所々咲いていました。ミゾソバは別の所で群れ咲いてい、それぞれどんな条件の違いで棲み分けているのでしょうか?

191007-5.jpg
さて横沢入では今度の日曜日、13日に収穫祭があり、稲刈りやハザガケ体験、越中おわら節の踊りやお囃子の披露などがあるそうです。接近中の台風でお天気がどうなるか心配ですが、よろしかったらお出かけください。

里山で赤とんぼが飛び交い谷津田でも実りの秋を迎えた秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

今週の山猫亭もまた火曜日のみの休みで秋のお薦めデザートやランチなどご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 17:54| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

サラシナショウマが少し咲き始めた初秋の浅間嶺

191001-16.jpg
10月の初日、良く晴れた秋空の下、そよ風にススキの穂が揺れる檜原の浅間嶺にサラシナショウマなど秋の花の様子を見に行ってみました。画像は浅間嶺頂上から北の御前山とその奥の石尾根方面の景色です。

191001-8.jpg 191001-1.jpg
登り始めの瀬戸沢の一軒家付近、今が盛りの様子で咲いている左のカメバノヒキオコシと共に咲いていた右のこれは……、
赤紫蘇みたいですね。一軒家の一軒家の入口の所に咲いていたホトトギスも園芸種っぽいようですし…。

191001-6.jpg
その奥の沢沿いではまだフシグロセンノウの花が残っていました。

191001-5.jpg
沢沿いの道の奥寄りでは昨年見ることができなかったレイジンソウの花が数株咲いているのを見ることができました。

191001-2.jpg 191001-7.jpg
瀬戸沢を抜けて北斜面の巻き路に出ると咲き始めのオオバショウマ?やオクモミジハグマ、画像をアップしてませんがカシワバハグマなど秋の山の花が咲いていました。度重なる台風の影響かうなだれぎみのものが目立ちます。この辺りのキバナアキギリはもう花が終わりかけていました。

191001-14.jpg
北斜面の巻き路を辿って浅間嶺手前の雑木林はまだ緑がちで紅葉はもう暫く先になりそうです。

191001-9.jpg
浅間嶺間近の北斜面、10月に入ったこの時期でもしっかり開花していたサラシナショウマはこれともう一つくらいで、今年はだいぶ開花が遅れているようです。

191001-10.jpg 191001-11.jpg
浅間嶺一帯はノコン、ユウガ、シラヤマにシロヨメナの野菊4種類とツリフネソウや、この右のアキノキリンソウ、そしてヒガンバナも今を盛りに咲いていました。

191001-15.jpg
浅間嶺頂上から南の笹尾根方面の眺め。富士山は薄青いシルエットで辛うじて見える程度でした。北側の眺めは一番上の画像の通りです。

191001-12.jpg
頂上付近の尾根道では優雅に舞いながら秋の花々で蜜を吸うアサギマダラにも出合えました。

この所、10月に入っても汗ばむ陽気の日があって山の秋の花々の開花も遅れ気味ですが、浅間嶺でようやくサラシナショウマの花が咲き始めた秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

今週の山猫亭も火曜日のみの休みで、消費税増税のあれこれでバタバタしつつ皆様のお立ち寄りをお待ちをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 18:52| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする