2019年08月06日

ギボウシの花咲く真夏の金毘羅山

190806-1.jpg
朝早くから蝉しぐれが絶え間ない真夏の金毘羅山。まだ暑くなりきらない朝の内で木陰が多い登り道ではありますが、展望台の上の東屋まで一汗かかされて登ると清々しい展望が楽しめます。
日の出間もなくに出かけられればまだ涼しくあまり汗もかかなかったでしょうが、目は覚めたもののぐずぐずして出遅れてしまいました。

190806-6.jpg
山上の琴平神社の周りではオオバギボウシが沢山の花を開いてうなだれ気味になっていました。

190806-2.jpg
神社南側の東屋やトイレがある辺りでも所々オオバギボウシの花が群れ咲き、また最近東側のヒノキが伐採されて展望が楽しめるようになりました。

190806-7.jpg
登りの途中の道脇の岩には、オオバとは趣の違うギボウシも咲いていました。

190806-5.jpg
ヤマユリは一株だけオシベが萎れ気味ながらしっかり花を開いたものがありましたが、他は花が萎れたものばかりでそろそろ花期も終わりでしょうか。

190806-3.jpg 190806-4.jpg
今は麓から山の上の方までアキノタムラソウが目立ち、ギボウシと共に蜜を吸う虫たちを集めていました。

190806-8.jpg
麓寄りの草の葉にはセミの抜け殻がしがみついていたのも夏らしいですね。

毎日厳しい暑さが続きますが、里山でもギボウシなど季節の花が咲く秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭は今週と来週、火曜日のみの休みで冷たいものをご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 14:14| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。