2019年01月05日

カンアオイの花が見られる冬の刈寄山

190104-1.jpg
年末年始の営業を終えて臨時休業を頂いた昨日は、五日市の街を南西から見下ろす戸倉三山の刈寄山に登ってみました。しょっちゅう投稿する、秋川橋から見える景色の中にも見えている山ですが、奥まったところにあって麓からは山頂があまり目立ちません。

190104-2.jpg
以前から五日市の市街は眼下によく見えましたが、数年前に山頂の北東側の木が切られて西多摩と彼方の北関東の東方面を広く見渡せるようになり、上のパノラマ画像の北の方角に当たる一番左端の辺りで雪を戴いた日光白根から男体、女峰の日光連山が見えていました。ただし、金毘羅山からはよく見える都心方面はこのパノラマの一番右端の方向で、木立の中に何となく見えている程度です。

190104-3.jpg
山頂一帯のコナラなどの林はすっかり葉を落として冬の装いですが、秋の台風で折れたらしい枝は萎れた葉が落ちずにびっしりついたままになっています。

190104-9.jpg
山頂にある東屋から南南西の方を見ると真っ白な富士山がはっきり見えますが、

190104-8.jpg
刈寄の東にある小ピークからは京浜方面の展望が開けるものの、年末28日の金毘羅山に比べてもこの日はだいぶぼやけ気味でした。

190104-5.jpg 190104-6.jpg
さて刈寄山から東へ今熊山へと下る尾根の途中の道端の斜面では、冬のこの時期、落葉や土に埋もれるようにして独特の花を咲かせるカンアオイを見ることができます。今年は秋の台風の大雨の影響か、土砂が上から落ちてきて一部埋まってしまったか例年より少なめに感じます。
同じく台風で吹き荒れた強風によって道沿いで倒木も多く、倒木の根元を乗り越えたり、場所によっては急ごしらえの迂回路ができていたりするのでご注意ください。

里山の少し奥の山では静かな山歩きでさらに素晴らしい展望も楽しめる秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭はこの週末も冬のお薦めデザートや雑穀ごはんのランチなどをご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 15:50| 東京 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。