2018年09月26日

サラシナショウマの花が咲き始めようとしてた檜原 浅間嶺

180925-2.jpg 180925-1.jpg
秋川渓谷の山間では雨が止んでいた昨日の午前中、深いキリに包まれていた檜原、浅間嶺では開花の進む秋の花々に交じって、白い独特の形の花を咲かせるサラシナショウマが蕾を白く膨らませて開花し始めようとしていました。右の画像程度に咲き始めたものもあり、今年もこの辺りでサラシナが花の盛りを迎えるのは10月に入ってからになりそうです。昨年の今頃はここ、浅間嶺一帯で刈り払いがあって花がほとんど見られませんでしたが、今年は刈り払いも無く、蕾をつけた株がいくつも見られたので、紅葉前の山に白い花穂がいくつも点在する景色を見られるのが楽しみです。

180925-4.jpg
浅間嶺一帯で見られる他の花では、瀬戸沢の奥寄りで今年もレイジンソウが、こちらも今開花し始めた所でした。トリカブトの仲間で開花が進むとこんな姿になります。

180925-6.jpg
登り始めの沢沿いではカメバノヒキオコシの花が盛りの様子でした。

180925-5.jpg
沢を詰めて尾根下の縦走路に入るとやはり今年も画像のオクモミジハグマやカシワバハグマなどが咲いています。

180925-10.jpg
ツリフネソウは麓から浅間嶺頂上まであちこちで花盛りでした。

180925-7.jpg
キバナアキギリも麓から咲いていますが浅間嶺付近でよく目立ちました。

180925-8.jpg
これはマルバの方か、ハギの花もあちこちで咲いています。

180925-9.jpg
アザミもあちこちで咲いていますがノハラの他、何種類か混在しているようです。吸蜜に来ているこのチョウはイチモンジセセリでしょうか、ハチやホシホウジャク、さてはアザギマダラまで、昨日の浅間嶺でも様々な虫がアザミを訪れていました。

180925-11.jpg
主に浅間嶺頂上付近で開花中のアキノキリンソウ。

180925-15.jpg
霧の浅間嶺頂上一帯はススキやシラヤマギク、キリンソウ、アザミなど秋の花々が咲くこの時期らしい様子です。

180925-16.jpg 180925-14.jpg
10月の涼しさの日もあったこの頃、紅葉の走りも少しだけ見ることができました。

この所雨がちなお天気が続きますが、浅間嶺など山間でも花々の開花が進む秋川渓谷に秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

山猫亭は今週水曜日から店を開けて、秋のお薦めデザートなどをご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 16:57| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。