2017年04月20日

桜の終わった山里やお寺では

170420-1.jpg
先週末前後にソメイヨシノなど春の花々の盛りを迎えた五日市周辺の山里やお寺では、ここ数日の雨や強い風でソメイはほとんど散って宴の後の風情になっていますが、今日の龍珠院では開花の遅れていたシダレザクラが満開から散り始めくらいの様子で少し華やぎを残していました。

170420-8.jpg
その周辺の乙津の里ではミツバツツジや遅咲きの八重桜 花桃がまだ花をたくさん残し、渓谷や周辺の山の新緑と共に春後半の景色を見せています。

170420-3.jpg
光厳寺の大桜もほとんど花が散っていますが、葉が茂る枝に残った花から花弁がひらひらと風に舞う様子も中々趣があります。画像の左手奥には斜面から幹を斜めに張り出したヤマザクラがあって、こちらはまだ花を大分残しているようです。

170420-4.jpg
大桜の近くには、青空と城山を背景にしてまだ盛りの様子の遅咲きの桜がありました。

170420-7.jpg
これは昨日入山峠を越えた八王子、恩方の山里の景色で、新緑の山とまだ盛りのツツジの取合せが見事でした。

170420-5.jpg
五日市から小峰トンネルを抜けてすぐ、上川の今熊神社のミツバツツジもやや盛りを過ぎてきたようですが、まだ鮮やかなピンク色が斜面に広がっていました。

170420-6.jpg
今熊神社の手前にある正福寺は本堂裏手の斜面に見事なヤマザクラの大木があったのですが、最近枯れて切られてしまったとの事で残念です。

桜の後も美しい新緑や花の景色が、山に登れば可憐な山野草の花が楽しめる、4月後半の秋川渓谷に皆様のお越しをお待ちしております。

今週末の山猫亭は土曜日が午後5時閉店、日曜日が臨時休業となり、週明けの月曜・火曜と3連休いたしますがご容赦ください。
posted by やまねこ@店主 at 17:30| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。