2020年03月08日

今年も刈寄沢で開花し始めたハナネノコノメ

200307-1.jpg
毎年3月の半ば頃に渓流の畔でハナネノコノメソウが開花をし始める戸倉奥、刈寄山北面の刈寄沢に開花の具合を見に行ってみました。なお、この花がよく見られる場所は昨年の台風で刈寄沢から刈寄山に至る登山道が崩壊で通行止めとなった区間にあるので、その登山道は通らずに、花の様子を見ながら画像の様な沢の中を歩いていってみました。沢を歩くのは少々危険もありますので、誰にでも見に行ってくださいとお薦めするものではありませんので悪しからず。

200307-2.jpg 200307-3.jpg
さて毎年この花を見る辺りでは若干早めに開花がはじまっており数える程度に開いた花を見ることができましたが、やはり昨年の台風の増水の影響で生えていた苔ごと削られて流れてしまったか今年咲く花は少なそうです。

200307-4.jpg
その手前で、これまでは登山道を歩いていては見ることのなかった沢沿いのあちこちで、これから花を開くハナネノコノメの小さな群生を見ることができ、小岩を登り降りして沢を歩いてみた甲斐がありましたが、台風以前にはもっと見事な群生があったものと想像もできます。

200307-5.jpg 200307-6.jpg
ヤマネコノメソウ、ユリワサビも開花し始めを少しだけ見ることができました。

今日は雨模様ですが山間の沢沿いで早春の花が咲き始め、雛めぐりは今日が最終日の秋川渓谷にのんびり散策をしに来てみてはいかがでしょうか。

200208-2.jpg
山猫亭は季節のお薦めデザートなどご用意して皆様のお立ち寄りをお待ちしております。
posted by やまねこ@店主 at 09:53| 東京 ☔| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする